そんな話聞いてない(笑)!ブログ

卒園式の日『サッカー選手になる』といきなり発表する息子さん

バルサセレクション 思い出編

〜2019-2-15〜

9ヶ月ぶりに受けるセレクション高学年クラスになるため、現在3,4,5年生でやることに。
高学年とも出来て良い経験です

 

f:id:yamato7maestro:20191021173947j:image

 

f:id:yamato7maestro:20191021174019j:image
いつもに比べて1/3しかコートは使わず
テクニカルディレクターが珍しく喋ってた(笑)

 


さて息子さんの出来は…
・ロンドがうまくなったし、キャンセルも出来る→一回決めつけたプレーでボール失う。前より上手いけど、まだ良くする余地がある。
・攻める時の指示出し量が増えた→守る時はほぼ無言…これ何とかしないと
コーナーキックを狙ったところに蹴れる
・味方が裏に走らない時、キープして待つも囲まれてロスト→コミュニケーション不足、見えてはいてもチームとして、個人としてどうするか判断しないといけない
・ランウィズザボール…マークを剥がしたが…ボールがラインを割ってしまう…
・ダイレクトパスが弱い
・ボールをもらう前に首をよく振っていた


・シュート、ミートはしていた…まっすぐ蹴る練習してたから…まっすぐキーパーにいった
コースを狙う練習しないと…ミートしかしてませんでしたから(笑)
まさに練習は嘘をつかない

 


結果がいつ発表かわからないけど、また課題が見つかった良いセレクション、経験でした。


さて練習メニューどうしようか…寝よう

シュート練習継続中 思い出編

〜2019-2-14〜

何とか毎日続けているシュート練習勿論知識、経験がなく可能な限り知ることから始めている


https://youtu.be/CK8FoH-2lO4

 

この動画とジェフ個人強化クラスのトレーニングをキッカケにして『テニスボール』の練習を続けています。

 


『低く』『ミート』『対角線』
これだけを意識して練習

 


色んなパターンをやってますが
左7本、右5本
これを各種チャレンジ
ゴールまでの距離2m→これ以上離れると危険

 


やっていて上達したのが
『見る』『ミート』

 


さぁ次は試合で発揮してみよう

サッカー素人パパ〜チーム探し〜追憶9 編

現在バルセロナ葛飾校、ジェフエリートプログラムに通っています。

そのきっかけになったのが人生初の海外、スペイン遠征inレアルマドリード

f:id:yamato7maestro:20191020231541j:image

f:id:yamato7maestro:20191020231554j:image

f:id:yamato7maestro:20191020231605j:image

f:id:yamato7maestro:20191020231614j:image

f:id:yamato7maestro:20191020231624j:image

 

 

 

 

 


小学二年生で、またいくつかの初めてを経験


・パスポート申請、アルファベットも書いたかな?名前も漢字で全部
・一週間以上家族と離れる&友達と過ごす
・初めてのスペイン人と対決、ご飯
・初のリーガ観戦→レアルはアウェーでいなかったのでアトレティコの試合観戦


他にも沢山の初めてがありました。


1番驚いたのは持たせたガラケー…通話料高い…メール一件300円…
妻が契約者なんですが、帰国したら怒ってましたけど(笑)→それからはスマホに変えてWiFi必須になりました…これも経験

 


数多くの写真やつい最近アルバムも届きました。

家や、日本のチーム内では見れない
『良い笑顔』がたくさんあり…解放されてるんだなぁと夫婦揃って実感。


娘は毎日『今日帰ってくる?』とお兄ちゃんシック状態(笑)

 

 


さて無事に帰国し内容を色々と聞く
・お土産→妻のお願いとは違うものを買い(笑)、妻激怒
・見知らぬユニフォーム…何故かアセンシオ(笑)、そして2つのボール…
・妻『日本に早く帰りたかったでしょう?』
息子『ずっと向こうにいたかった』
これは意外で、シックにならなかったみたいです

 


サッカーはどうだったか?
レガネスと戦い3-2で勝利→1得点でMVPだったらしく、レガネスの記念品もらってた…どっかいったけど
・もう一試合→1人で3点とったらしい、んで3-8で負けたとのこと。
ゴールキーパーは現地の人から助っ人をお願いするのが予想できたため、少しスペイン語を準備して行った→喋るとこっち向いてくれるらしい(笑)

 


〜息子が語るスペインとの違い〜
・皆んな頭がいい
・必ずフリーでボール受け取る
・考えるのが速い
・日本人の方が個人技術は全然高い、でもこれじゃあ試合勝てない

 


1番最後の
『個人技術は日本人が上』
これが意外でした。ただコーチ達と話すと
『そうですよ』とあっさり。


更に息子さん
『僕たちは1人でボール蹴ってるだけ。パスもただしてるだけ。
スペイン人はサッカーしてるんだよ。日本で教えてくれるところないのかな?』


辛辣に訳すなら
球蹴り と サッカー
の違いなのか。


さぁ個人技だけ上げていたのだが、新たな悩みがうまれました…

 


これを機会に海外へ目を向ける意識が高まりました。
次はまたスペインでのドノスティカップ2018
ある意味日本代表としての試合(笑)


また次回


さぁ充電が切れそうだが…どうしよう

2019 素人パパ&息子のチーム探し 編

3週間ぶりにジェフ個人強化クラスを見学 …全ての1on1攻守に勝利


全部抜いてたし、抜き方も全部違う
全て止めてたし、食いついている


パススピードも左右1番速かった気がする
身長は低いけど…

 


息子さん…首を横に振りながら
『足りない…全然足りない』
 

 


先日のアルゼンチン系の『戦う』という環境からの差を感じているらしい…

 


確かに1on1全部勝ってたけど、見てて物足りなさを私も感じる

 


コーチから優しいボールが来るので、息子さんは『速いボール!』と言ってチャレンジ


自分で現場を厳しくしようとしていたが、殆ど息もきれず物足りず

 


さて、どうしたものか…

 


本人が知ってる中では
バルサのエリートクラスが1番プレッシャー、判断スピード、身体のぶつけ方が強いらしい
…現状はアバンサットに降格されているので何とか戻りたい


後はジェフエリートプログラムのAクラスの景色を知らないので、行って見なければわからない


リヴァプールはエリートクラスに上がれるかどうか…
課題は簡単なミスをなくし、身体を大きくしようと…


さて現状、J下部に受からなかった状態でどう求めていくか。
『本気になれば環境は関係ない』
勿論一理あるのだが…


時間、金銭、色々と条件がある中で
最善と最高、本気を求めていこう


今週から2/24まで2つの新スクール体験と、バルサのセレクションに参加

 


さぁ自分で体験して、自分で決めてみよう

サッカー素人パパ〜チーム探し〜追憶8 編

リヴァプール(楽しくパスを練習できる)、Malva(個人技)、少年団(友達、試合が多くできる)と三足の草鞋状態
それぞれにメリットと物足りなさを感じながら模索中

 


夏にはいくつかキャンプがあり、楽しくてや、パスサッカーをしていたレアル
また行くことに。


都内でのキャンプでしたが、ここからは1人で行けるようにチャレンジ


色々と心配はありましたが、チャレンジしないと何も変わらない
そして父母が一緒に行けないが行きたいなら1人で
との条件で行けるようになりました

 


さてキャンプの内容は…
冬に比べると…そんなによくない


初参加の子たちには難しいく
『わからない』まま進んでいき、なんとも消化不良に。


息子さんは一度やっていたので、まぁ出来てるほうではあったが…
物足りなさが残るキャンプでした


そんな中、前回は初挫折?を経験


キャンプの優秀者は現地マドリードのキャンプに参加できる、とのこと。


本人は選ばれる気満々でしたが、落選
選ばれると思っていただけに残念そう


 
さて次は
レアルのキャンプで優秀メンバーに選ばれ
初の海外へ!!
サンチアゴベルナウベウ
レアルマドリードへ!

ジェフセレクション 結果 思い出 編

〜2019-2-11〜

結果は不合格

本人は悔しそう


四年生でのJ下部に入ることを目標にしていたが叶わず

 


『落ちる、挫折』
私も音楽の現場で数多く経験してきました。


受けなければ、挑まなければ


決して味わえないこと


『逃げる』とそのチャンスは二度と来ない
本当に私はたくさん逃げてきたなぁと後悔ばかり

 


子供を見ていて気がつくのは


『次はどうするか?』


そう考えてくれていることに、人として、親として
素直に嬉しく思います

 


さぁ明日からも新しいチャレンジだ

スペシャルクリニック参加 思い出 編

〜2019-2-10〜

アルゼンチンに1ヶ月ほど留学を考えている中、そういった空気に触れる機会はないか?と調べていたところ

本日、アルゼンチン一部CAラヌースでコーチをしていた飯沼直樹さんのクリニックに参加してみた。

f:id:yamato7maestro:20191018215434j:image

 

 


内容は
・手の使い方
・負けないため、勝つためのプレーの選択→アルゼンチン人は負けず嫌い
・タクティクス


13人参加の2〜6年生


世界は狭く、ジェフエリートプログラム、ワカタケ、Mundo、MSA、ドリブルデザイナー岡部さん、エコノメソッドのサッカーサービス
みんな繋がっている。


こういった出会いに感謝してほしい
世界を知っている人、世界を目指している人、世界を教えてくれる人


やはり人との出会いは宝ですね


クリニック終了後に私は到着し、コーチ達とお話をさせて頂きインスパイアされました。
練習の種類、目的…面白い、恐ろしいほど日本との違いを知り
考えることがまた増えた、と…

 


そして面白いほど、クラシック音楽の世界と共通点が多いサッカーの世界…いいなぁ

 


日本→育成、普及
アルゼンチン→競争、プロとして扱う


これがゴールデンエイジの時
大人になればどうなるか…うーん考えることが多い


今回の出会いも繋がりそうで本当に感謝です


さぁ明日はオフ
自主練は『手の使い方』をやるそうです


ねよ